【第1回】インドでビジネスに関わるということ


サイト管理人のHommaです。 1回目の駐在が2011年、2回目の駐在として、2014年からインドに住み始め、予定もしていなかったのに すったもんだがあり2017年からは自分でスタートしたインドでのビジネスが、気付けば3年目。。。 色々と情報が溜まってきたのと一つの区切りがついたため今までの経験をブログに書いていこうと思います。

第一回の今日は、今までの前半の概略を簡単に、次回以降の何回かは、インドという国とそこで 働く日本人の環境、駐在員時代の話を書いていこうと思っています。

インドという話にはなりますが、一部は他の海外でも当てはまることがあるかと思います。 インドで働きたい人はもちろん、海外で働くということを考えている人にとって少しでも参考 になる話を書けたらと考えていますので、興味のある方はぜひお付き合い下さいませ。

Homma Kaoriインド関連での最初の3年間について

■夫がサンフランシスコで働く事になり、私はインドへ。 ↓

■インドにある日系ホテルでコンシェルジュとして働く ↓

■同僚に嫌われ コンシェルジュから営業へ ↓

■法人営業担当としてホテル移転の準備と営業プランを企画立案 ↓

■同僚からの嫌がらせと日本の家族の状況 ↓

■日本に帰ってコンサルスタート ↓

■ひょんなことからインドに子会社をもつ会社に就職 ↓

■日本からインドのスタッフをサポート ↓

■インドにいる日本人GMの裏切り ↓

■インドに駐在 ↓

■現地採用日本人スタッフからの拒絶 ↓

■新規ビジネス(ホテル運営スタート) ↓

■インド人オーナー(ジョイントベンチャーの社長の裏切り) ↓

■日本人スタッフ鬱になる

■日本側の裏切り ↓

■日本人スタッフ インド人ドライバーと恋仲に!両親激怒 ↓

■独立 コンサル会社設立 インドで自分のBusinessをスタートさせる。 

これが最初の3年間の概要です。本当は6年分の概要を全部書こうと考えていたのですが 3年分でも相当なので、最初の3年間についての話を書いた後にその後の話を書こうと考えてます。

概略だけ書いていても、いまいち何がなんだか分からない部分も多いですが、色々な経験をさせて もらったなのは間違いなく、第三者に話すと結構な確率で興味を持ってもらえるので、かなかな面白い 話を書けるのじゃないかなと思っています。

もし概略に興味を持って頂けたら今後もお付き合い頂けたら嬉しいです。

次回に続きます

旅行でもビジネスでもインドに行くなら、英語は必須!

インドの公用語は、ヒンディー語と英語。そのため、旅行でもビジネスでも、インド人と円滑なコミュニケーションを取るためには最低限の英語はなくてはならないものです。

「英語や英会話が実は苦手・・・」という方は、わずか45日で日常英会話力が習得できる「ネイティブトーク」でのトレーニングがおすすめです。5,000人以上の人が1日20分の簡単なトレーニングで英語でコミュニケーションをとれるようになります

下記のページに詳しく書かれているので、読んでみてください。

⇒ 0から45日で日常英会話はマスターできる『ネイティブトーク』

こちらの記事も読んでみてください

コメントを残す

このページの先頭へ