インドでのインターンの際にはVISAに、お気をつけ下さい!


今日は、インドでのインターンについてお話をしたいと思います。 ほかの国ほどではないかもしれませんが、現在インドには沢山のインターン生がいます。

インドでインターンをする場合、必要になるVISAは何だかご存じですか?

インドでインターンをする場合、企業実習インターンビザまたは、ビジネスビザを取得する必要があります。

つまり観光VISAでのインターンは違反になります

しかしながらインターン生の80%以上が観光VISAであるという事実があります。

観光VISAという名前の通り、観光をするためのVISAですのでそのVISAで、インターンをした場合、見つかると強制退去となります。 また、インドはVISA違反をした場合、重大なペナルティを、その本人が受ける事になります。強制退去だけではなく一般的にインドに5年は再入国することが出来ません 詳しく知りたい方は、インド移民局サイトを確認してみてみる事をオススメします。

そんなに重要なことで、リスクがあることなのに、インターン生の殆どが観光VISAで滞在をしています。たまにですが、他社のインターン生をご飯に連れて行くことがあります。 その時には必ずVISAの種類を確認するのですが、私とご飯に行くインターン生は、約90%の確率で観光VISAで滞在しているという事実があります。

特にインターン会社を通してお金を払って来ているインターン生に多いイメージがあります。

またびっくりな事に、人材会社等のインターンにも関わらずインターン生を観光VISAで働かせているということもあります。 採用をサポートし、労務関係の手続きは他業種以上にシビアに対応するべき人材ビジネスの経営者がそのような判断をすることが私には信じられません。

大変残念な事に、この様な事になっている一番の理由はインターンをタダ又は格安で使える日本人としか考えていない企業が沢山あるからだと感じます。

日本人を雇用しようとした場合、VISA基準の金額があるためある程度コストが掛かってしまいますが、インターンであれば必要がありません。 もちろんインターン生を戦力として考える事が間違っているなどとは思いません。 然しながら、インターン生の話を聞いていると、健康面のサポートも安全面のサポートすら、しっかりとされていないのが現状です。

以前当ホテルに営業に来たインターン生は、その3日前まで入院をしていたそうです。高熱に下痢、嘔吐お腹はガスでびっくりするほどにパンパンになったようです。その会社はインターンを沢山利用して飛び込み営業をさせて仕事をしているので有名な会社でしたので、常にインターン同期がいて同居をしている環境なのを知っていたので「病気大変だったね。でも一緒に住んでる人が行ってくるからあんしんだね」と話した私に対して彼が言った一言は

『いえ、みんな営業に行かないと、絞られるので、誰も着いてきてくれませんでした。インドの病院は大変ですね。熱があってフラフラなのに診てもらうまでに色々な所をたらい回しにされて大変でした。』 「でも聞いてると、結構な重病なのに」というわたしに彼が言った一言は

『これも経験ですから』

確かに、経験という面で受け取ればそれはその通りかも知れません、然しながらインドでかかる高熱や下痢、嘔吐は本人が考えている以上に重篤化する可能性もあります。たまたま彼は運が良く大丈夫でしたが全員がそうとは限りません。 そのように本人が判断出来ないような事態になった時に、しっかりとサポートするのが受け入れ先の責任ではないでしょうか。

経験も知識も少ないけれど、志や目標があり前途有望な若者に来てもらうのですから受け入れ側は、健康面、安全面には最大限に配慮するべきであると私は考えます。

ですが残念な事に、インターン受け入れ会社にはそんなことすら配慮してくれない受け入れ先があるのも事実です。

または、、健康面、安全面には最大限に配慮しているけれど観光VISAでインターンをさせている受け入れ先もあります。

そのようなインターン生は、まだ幸せな方ではあるのですが、実際に優良な会社ではないでしょう。海外で生活をする上で、VISAはとても重要で気をつけなくてはいけないものです。最低限守るべきルールです。そしてそのルール違反した場合痛手を負うのはその本人だけです。会社は何も痛手を負わないのです。

そのような会社の人達と話をした時、『観光VISA以外で来てもらうのは難しいよね。お金も時間もかかるし』と言っていました。その時も言いましたが、難しくてもお金が掛かってもやらなくてはいけない事です。

もしも会社として、企業実習インターンビザまたは、ビジネスビザを手配出来ないのであればその様な会社はインターンを募集してはいけません これからの会社だから夢があるからそれは素晴らしい事です。でもそんなスタートアップの会社だからしようがないと言い、最低限のルールも守れずインターンに来た人に一方的にリスクを背負わせるのは間違っています。

インターン生の事を考えるのであればVISAはしっかりと受け入れ先で手配をしなくてはいけません。

もう一度書きますが、

インドでインターンをする場合、基本的には企業実習インターンビザまたは、ビジネスビザを取得する必要があります。

インドの為に、みんなの為にとスタートアップをしている企業は素晴らしいです。 然しながらVISA違反を仕方ないと、平然といえる見つからなければ大丈夫と運用するこんな企業は正しい企業ではありません。

なので、インターンを考えている人には声を大きくしてお伝えしたい

インドでのインターンの際にはVISAに、お気をつけ下さい!

旅行でもビジネスでもインドに行くなら、英語は必須!

インドの公用語は、ヒンディー語と英語。そのため、旅行でもビジネスでも、インド人と円滑なコミュニケーションを取るためには最低限の英語はなくてはならないものです。

「英語や英会話が実は苦手・・・」という方は、わずか45日で日常英会話力が習得できる「ネイティブトーク」でのトレーニングがおすすめです。5,000人以上の人が1日20分の簡単なトレーニングで英語でコミュニケーションをとれるようになります

下記のページに詳しく書かれているので、読んでみてください。

⇒ 0から45日で日常英会話はマスターできる『ネイティブトーク』

こちらの記事も読んでみてください

コメントを残す

このページの先頭へ