Blue Bottle Coffeeで働きたい方は、お急ぎ下さい!!


blue bottle coffee kiyosumi bluebottlecoffee face book 画像

現在日本仕事百景にて、Blue Bottle Coffeeのスタッフ募集記事が掲載されています。 内容によると応募締め切りは、10月29日とのこと、Blue Bottle Coffee Japan 1号店で働きたい方は急いだほうがよさそうです。

どんなお仕事が募集中??

【日本のブルーボトルコーヒーを一緒につくっていくスタッフを募集します。】
との文言があるように、どのお仕事についたとしても、日本初のBlue Bottle Coffeeを作り上げていく仲間になるのでしょうから、普通にcaffee staffで働く以上の経験を得られることは間違いないでしょう。

実際の、募集職種を確認してみると下記の6職種の募集を行っているようです。

コーヒーを直接入れるバリスタはもちろんのこと、最高にこだわったコーヒーと最高のマリアージュをするペストリーを作りだすキッチンマネージャーも。 コーヒーを生かすも殺すも、自分次第なロースターのお仕事も、Blue Bottle Coffeeの世界観をお客様に伝えるためには、必要不可欠なデザイナーもとてもやりがいのあるお仕事になるのではないでしょうか??

(1) バリスタ
・ブルーボトルコーヒーのバリスタとして、カフェでおいしいコーヒーとホスピタリティをお客様に提供する仕事です。
・清澄白河カフェもしくは青山カフェでのバリスタとして勤務。
・店舗でのカッピング、リードバリスタ、ストアマネージャーから提供されるコーヒーに関する技術・知識を把握すること。
・様々なコーヒーを様々な方法で抽出しながら、お客様と会話を楽しむこと。 ・店舗における様々な取り組みに対し、チームワークをもって計画的に実行すること。

(2) リード・バリスタ
・ブルーボトルコーヒーのリード・バリスタとして、コーヒーの知識・抽出に関して他のバリスタをリードする仕事です。
・清澄白河カフェもしくは青山カフェでのバリスタとしての勤務。
・他のバリスタスタッフへの技術やホスピタリティに関する指導。
・清澄白河ロースタリーでのカッピング参加や、店舗におけるカッピングのコーディネート。
・その他、店舗における様々な取り組みに対し、ストアマネージャーや他部門と連携し、計画的に実行する。

(3) アシスタント・マネージャー
・ブルーボトルコーヒーのホスピタリティ溢れるスタッフとして、各店舗のストアマネージャーをサポートする仕事です。
・清澄白河カフェもしくは青山カフェでのストアマネージャーの全般的なサポート。
・他のバリスタスタッフへの技術やホスピタリティに関する指導。
・発注の管理、シフトのコントロール。
・シフトのコントロールおよび採用に関わる業務。
・その他、店舗における様々な取り組みに対し、他部門と連携しながら計画的に実行する。

(4) キッチンマネージャー
・お客様がカフェでコーヒーと一緒に楽しむペストリーを材料から吟味し、作り上げる仕事です。
・セントラルキッチンでのペストリー製造。
・キッチン及びキッチンスタッフの管理・運営(スタッフィング・トレーニング)。
・受発注の管理、正確な出荷・納品。
・季節に応じた食材の調達、適正な在庫の管理。
・米国キッチンマネージャーとの定期的なミーティング及び協業でのペストリー新商品開発と展開。

(5) アシスタントロースター
・ブルーボトルコーヒーの美味しいコーヒーを焙煎するお仕事です。
・リードロースターのサポートをしながらコーヒーを焙煎します。
・ロースタリー内の生豆や焙煎に必要な資材・備品の管理をします。
・カフェやクオリティコントロール担当者とのミーティングに参加し、焙煎の品質維持と向上に貢献します。

(6) デザイナー
・ブルーボトルコーヒーの世界観をお客様に伝えるためのツール作成に関わる仕事です。
・紙媒体のみならず、デジタル等さまざまな媒体に関わります。
・アメリカ本国とよくコミュニケーションし、日本でのデザイン面でのあるべき姿を追求します。

東京仕事百景 参照

どんな人がBlue Bottle Coffeeで働けるのか??

募集記事の中に、どんな人と働きたいかと質問されて、創業者であるジェームス氏がその質問に答えています。

自分の仕事に誇りと喜びを持つことができる事、細部までこだわり常に最高のコーヒーを提供できること。

仲間やお客様を大切にし、常に愛情と敬意を持って接する事が出来るような人 がピッタリなのではないでしょうか。

もちろん人によって受け取り方は違いますので、最終的には「東京仕事百景」を、きちんと確認したり、 BLUE BOTTLE CRAFT OF COFFEE,THE(H) を読んで、何を大切にしているのかを理解している人が選ばれることになるでしょう。

ジェーム氏のスタートは、180平米ぐらいの小さな工場と、ファーマーズマーケット。妥協をせずローストを行い、一杯一杯自分の納得するコーヒーを淹れつづけたことです。

現在では、アメリカではニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスに14店舗を展開するまで大きくなりましたが、そのこだわりは変わっていません。

そのこだわりを守るために必要なのが、この6つのキーワードで働ける人なのでしょう。 「Sustainability、Hospitality、Deliciousness、Joy、Diligence、Latitude。」

Blue Bottle Coffee Japan 公式HPはこちら

もし、この記事を10月29日以降にご覧になり、それでも働きたい人は 下記に問い合わせをすることでチャンスが生まれるかもしれません。

採用問い合わせ先

コメントを残す

このページの先頭へ