急な出張や観光でも大丈夫!!インド渡航アライバルビザが2016年3月1日より復活しました♫


インド VISA

一時期廃止をされていたアライバルビザが、2016年3月1日より日本限定で再開されることとなりました。従来は事前に日本国内でビザを取得しておかなければならなかったのですが、今後はインド到着時にその場でビザ取得が可能になります。

今までのVISAについて

インドでは150の国々に対して「e-Tourist Visa」と呼ばれる、オンラインでの事前申請が必須のシステムを採用。出国の数日前には取得しておかねばならず、またプロセスも大変煩雑でした。しかし、このたび特例として日本国民向けに「アライバルビザ」を解放。インドの空港到着時に直接手続きができるようになったのです。今回は二国間の取り決めとなっており。当面は日本人だけに許された「アライバルビザ」制度ですが、インド大使館は今後他国にも導入を進めていく方針のようです。

インド入国する日本人向けアライバルビザの内容

■VISA発給対象: 観光、ビジネス、会議、医療

■申請資格: パスポートの残存期間が6ヶ月以上 インドに居住して居ない人

■取得可能な空港: デリー空港、ムンバイ空港、チェンナイ空港、コルカタ空港、バンガロール空港、ハイデラバード空港

※全ての空港で申請が出来る訳ではないので注意してください。

■ビザの有効期間: 30日間

■ビザの取得回数: 年間2回まで取得可能

■ビザの料金: Rs.2,000 (現金またはクレジットカードで決済可)

インド入国時にアライバルビザの申請方法

1.アプリケーションフォームを入手する。 ※アプリケーションフォームは機内で配布、もしくはWEBにもアップされる

2.アプリケーションフォームを記入する。

3.空港到着後、記入したフォームを持って“ビザカウンター”へいく。

4.アプリケーションフォームにスタンプを押してもらう。

5.ビザの代金を支払う。

6.その後、“入国カウンター”へ行きパスポートにスタンプをもらう。

7.インド国内へ入国する。

フォームPDF

アライバルビザを申請する場合、到着した時の情報だけでなく、インドから出国する際の日付・フライトナンバーを記入する 項目があります。他のビザ申請時と同様、インド出国の情報が必要になるようです。

インド内政省のHP VISAについての公式資料

インド渡航でのアライバルビザで注意するべきこと

  • アライバルビザは、最大で年に2回までしか使用できません。
  • 滞在期間の延長をすることはできません。
  • 空港のアライバルビザは、普通に入国をするのにくらべて手続きに時間がかかります。(通常入国でも相当な時間がかかることが殆どですので、覚悟をして望まなくてはいけません)
  • 通常のVISA申請よりも割高。

数年前は、アライバルビザがあり私の友人も、ホテルに宿泊されるお客様の中にもアライバルビザでインドにお越しになる方は沢山いましたが、到着から外に出るまで2時間近くかかる方もいらっしゃいましたので事前の申請をお薦めします。 ただ、今まではVISAが無いと本当に入国できずインドまで来たのにそのまま帰られた方もいらしたので、急遽出張で来なくていけないという状況でもきちんと入国出来るということは、インドでビジネスをされる方にとってはありがたい制度だと思います。

これも日本とインド、安倍首相とモディ首相がピストン外交を行い、有効な関係を築けているからこその恩恵です。

コメントを残す

このページの先頭へ