「インドの時事ニュース」の記事一覧(2 / 3ページ)

インド モディ首相 8月末に訪日が決定

インド中央政府予算案作成のため、延期になっていた、モディ首相が、8月末に訪日をし、9月1日に安部首相と首脳会談を行うことをインドの外交筋が明らかにしました。

インド新政府 深刻な財政問題対応のために国営企業の民営化を進める方針

7月10日に発表される政府予算で、直近4年間の合計になる金額の予算を民営化計画に割り当てる方針です。

「3度目の独立」を果たし、大きく変化するインドから目が離せない

ナレドラ・モディ氏率いるインド人民党(BJP)主導の野党連合が第16回下院議員選挙に圧倒的勝利を収め、インドが今、大きく変わろうとしています。

楽天がインドへの進出を発表、海外での開発拠点としては、4カ国目

北京、サンフランシスコ、シンガポールに続く、4つ目の開発拠点をインドに置くことを、楽天の三木谷社長が発表しました。

インドへ個人旅行したことのある人なら、知らない人は多分いないシゲタトラベル繁⽥奈歩氏が語る 現在のインド市場

東洋経済ONLINEが、 繁田奈歩氏にインタビューをした記事を読んで思うこと。 日本企業は「現場のインド」を知らない

まるで電子レンジの中で、熱風を浴びるよう。インドが、過去62年間で最悪の猛暑を記録

インド首都圏で最高気温47.8度を記録し、政府は電力対策に奔走しているようです

出張者や観光旅行者に朗報!コンノートプレイスで無料Wi-Fiサービスが7月からスタート予定

タタ・ドコモがニューデリー市議会と協力しコンノートプレイスでWi-Fiサービス提供を7月の第1週から提供予定

インド・ムンバイでもメトロ(鉄道)の運転が開始

インド・ムンバイで、総距離11.4Kmを走る、鉄道の運営が本日、2014年6月8日よりスタートしました。

インドの景気はこの人次第??ナレンドラ・モディ氏のまとめ

雑用係から州首相、そしてインド首相になるナレンドラ・モディ氏についてのまとめてみました。

次期インド首相、モディ氏は、「寺よりトイレ」を貫くべき

インドの次期首相候補、ナレンドラ・モディ氏は、ふざけた言い回しをするようです。その発言の中に「寺院よりトイレ」と宣言したものがあります。

インド総選挙、BJPが勝利し政権交代―モディ首相誕生へ

16日に、総選挙の開票が行われ、最大野党インド人民党(BJP)を率いるモディ氏が、同国の次期首相として勝利宣言を行いました。

アマゾン、インドで零細商店を活用へ:配送網に組み込み、試験開始

アマゾンインディアが、インドの零細商店(キラナ)を活用して、受取人の不在などで品物が届かないことが悩みを解決し、希望日に配送が出来るか、運用テストをバンガロールにて実施しているようです。 にわかには信じられない翌日配送 配送のサービスが最悪な、インドに住んでいた人なら必ず無理だろ・・・

市場は驚く程に変化する。20年前はスズキの軽自動車が高級外車だった

20年前ビジネスで訪れた知人を空港に迎えに来たインド人は、誇らしげにスズキの軽から降りてきました。

人材紹介JACが進出、インド・グルガオンに拠点新設

人材紹介会社JACリクルートメント・アジアは、インド初の拠点を北部ハリヤナ州グルガオンに設立し、5日から正式に営業を開始をしたようです。

ドコモ インド市場からの撤退を発表

NTTドコモは、現在進出をしているインド事業で計画を大きく下回り、今後も改善のめどが立たないとして、6月以降に全ての株式を売却しインドから撤退することを決定しました。

インドのムンバイで日本のイチゴが大ブレイクその秘密は!

ITを駆使したイチゴ農業が東北で成功、その技術を使って海外にチャレンジしている農業生産法人GRAの創業者の考え方が素晴らしい。  ムンバイで日本のイチゴが大ブレイク

インド、高速鉄道プロジェクトで「日本に報告書依頼」

インド、高速鉄道プロジェクトで「日本に報告書依頼」 中国に1歩リードだが、受注に結び付けられるかは交渉次第

バラバラなダンスも微笑ましい。インドでも恋するフォーチュンクッキーを踊っています

インドにいる友人が参加している、インドで撮影された、恋するフォーチュンクッキーがとってもインドらしいです。

インド 2014年も激しい春闘の記事を読んで思うこと

2012年には死者も出た労働紛争が、今年も問題になっているようです。

この春からインドで生活を始める方にオススメの持っていくべき物リスト

インドで生活を始めるために持っていった方が良い物リストをまとめました。

このページの先頭へ